マンツーマン学習ができるフィリピン留学の魅力

英語力を持っている人材を求めている企業は、今では外資系や海外に支店を持つ大手の企業だけではなくなりました。
社内の公用語を英語にしたり、担当する部署や業種によっては英語が必須な所もあります。
そのため、日本ではフィリピン留学にスポットライトが当てられています。
なぜフィリピン留学かというと、世界で第3位の英語使用国であり、欧米留学に比べて70%安く、人件費が安いのでマンツーマン指導が受けやすいからです。
フィリピンは欧米などに比べて、人件費や語学スクールを用意するのに必要な土地代が非常に安いです。
そのため、マンツーマン指導が可能になっています。
マンツーマン指導の魅力欧米の語学スクールでは、1日4?5時間のレッスン時間で、講師1人に対して生徒10人前後で授業を行うスタイルが多いです。
グループレッスンは日本の英会話教室でもよく採用されている学習スタイルですが、これだと一人一人の進度に合わせることができないというデメリットがあります。
また、欧米では1日の授業時間を増やすと、人件費がかかるのでそれだけで費用が高くなってしまい、生徒が利用しづらくなります。
それに比べて、フィリピンは人件費が安く、講師一人に対して生徒を一人割り当てることができるので、少ない授業時間で効率よく英語力を鍛えることができます。
大勢の生徒がいると安心感があるかもしれませんが、日本人の生徒の割合が多いと、実力が身につくまでに時間がかかる傾向があります。
英語で話さなければならない状況を無理につくったほうが、結果的には短期間で実力をつけやすいということです。
大勢の生徒が同じ授業を受けると、全員が同じレベルで勉強する必要があるので、学びたいことが完全に学べない可能性もあります。
マンツーマンだと必ず自分で答えを出す必要があるので、わからない所をうやむやにしたまま進まずに済みます。
特に、英会話はたくさんしゃべることが大切ですから、大勢の中に埋もれてしまいしゃべる機会が少なくなってしまうグループレッスンは効率が悪いです。
講師が一人ついてくれるスタイルであれば、生徒一人のために専用のカリキュラムを組んでくれるので、個人ごとのレベルや目標にあった内容の授業を受けることができます。
初心者でも大丈夫か?と、英語で講師と一対一で話すとなると不安に感じるかもしれません。
コミュニケーション能力や理解度に自信がないと尻込みしてしまうでしょう。
「何も伝えられないままだったらどうしよう」「恥をかいてしまうのではないか」という不安が頭をもたげてくるかもしれません。
しかし、そんな不安は不要です。
フィリピン人は南国の人によくある、陽気な気質で接してくれます。
親切でフレンドリーな国民性を持っているので、緊張せずにリラックスして接してOKです。
言葉が通じなくても、ジェスチャーやイラストを活用して会話を伝えてくれる努力も行ってくれます。
こちらが笑顔で接すれば、あちらも笑顔で接してくれるはずです。
最初は不安に感じるかもしれませんが、ジェスチャーなどを交えながらフレンドリーな講師に接しているうちに、そういう不安も徐々に薄らいでいきます。
ネイティブではなくても大丈夫か?フィリピンの公用語は英語ではありませんが、公用語レベルで話せるくらい、英語が上手です。
子どもたちは授業を英語で受けているくらいで、小さい頃から英語に慣れしたしんでいます。
講師になるくらいのレベルの人は、さらに英語の発音や教え方が上手な人にしぼられています。
ネイティブが一番と考える人は多いですが、ネイティブでないぶん、英語を一から学ぶという生徒の立場を理解してくれるのがメリットです。