フィリピン留学の費用は欧米の3分の1の安さ

フィリピン留学が人気なのは、費用が安いというのも大きな理由です。
学生だけではなく、社会人にとっても時間と費用は大きな問題です。
お金がないと行けないと諦めてしまいがちですが、近くの留学先で、なおかつ滞在費用が安く抑えられる場所を選べば、問題を解消して留学を実現できる可能性が高まります。
その選択肢の候補として、フィリピン留学が挙がるということです。
フィリピンは欧米留学に比べて、3分の1程度の金額で行くことが可能です。
欧米だと1ヶ月で20?30万円は当たり前ですが、フィリピンなら月10万円以下で行ける場所も見つかります。
生徒に合わせた指導をしてくれる安さが際立っている理由は、東南アジアの国は日本に比べて物価の水準が低いからです。
フィリピンは、日本と比べて3分の1の予算で生活可能と言われています。
欧米の物価は日本と同じくらいですが、フィリピンならば3分の1くらいに抑えることができます。
学費だけではなく、食費、生活費も同様に抑えることが可能です。
また、欧米ではマンツーマンではなく、グループレッスンを採用している学校が多いです。
一応レベルによってクラス分けはされますが、一人一人のニーズに完全に合わせた授業をすることは難しいです。
一方、フィリピンは物価水準が安いため、優秀な講師を安く雇用することができます。
そのため講師の人数が十分に足りるので、マンツーマン指導を採用している学校が多いです。
一対一で指導してくれるので、聞いて話す機会がグループレッスンよりも圧倒的に多くとれます。
個人のレベルや要望にあった授業が行われるので、コストパフォーマンスが高いです。
授業料以外にかかるお金滞在期間や学校、選択するコースによって授業料は変わります。
寮の学校もありますが、宿泊費が別にかかったり、宿泊費が授業料に含まれている学校もあります。
学校を探すときには、どこまで支払い金額に含まれているのかを確認しておきましょう。
費用だけを単純に比較せずに、宿泊施設の品質も確認しましょう。
一人部屋もあれば、四人部屋もあります。
一人部屋のほうが料金が高くなりますが、プライベートな空間を持つことができるというメリットがあります。
周りの人に気を遣わずにシャワーやトイレが使えたり、生活リズムも自分の好きなように設定できます。
また、日本にいる家族や友人に連絡を取るなど、自由な気持ちで過ごすことができます。
四人部屋は一人部屋に比べれば安いですが、その分自由度は低くなってしまいます。
社交的で周りに人がいたほうが安心できる人ならばいいかもしれませんが、一人になれる時間が欲しいという人は、そのことも含めて宿泊施設を考えてみましょう。
ビザはどうすればいい?ビザにもお金がかかります。
期間に関係なく、就学許可証=SSP(Special-Study-Permit)の取得には6,000?7,000ペソ(約12,000円?15,000円)くらいかかります。
また、外国人登録証は3,000ペソ(約6,000円?7,000円)かかります。
申請は学校側で代行してくれるので、ビザ代を学校に支払えばOKです。
滞在日数が30日以内の場合はビザは無料で済みますが、30日を超える場合には1ヶ月に1度くらいのペースで延長ビザを申請する必要があります。
こちらも学校に頼んでおけば代行して延長してくれるので、余計な心配はしなくて大丈夫です。
延長のためには、初回は3,030ペソ(約7,000円)でその後は1,500?3,000ペソ(約3,400円?8,000円)くらいかかります。
手数料は毎回200?500ペソ(約450?1,100円)くらいが相場です。