フィリピン留学で社会人に人気のホテル滞在について

フィリピン留学は近年多くの日本人が注目していますが、中でもホテル滞在型の語学学校は社会人に人気となっています。
メリットとして挙げられるのが少し値段は高くなりますが快適に生活出来ることです。
フィリピン留学の多くが寮やドミトリーに滞在することになりプライベートな時間が全くありません。
寮やドミトリーで一人部屋を選ぶとある程度は快適に過ごすことが出来るかもしれませんが、ホテルに滞在するよりも窮屈な思いをする場合があります。
もちろん寮やドミトリーにしかないメリットがありますが、社会人は学生と違って限られた時間のなかで英語を勉強しに来ることが多いので勉強に支障がでないようにリラックス出来る環境は非常に大切だと考えられます。
しかし、やはりホテル滞在のデメリットとして挙げられるのが費用面です。
フィリピンの寮やドミトリーで生活をする場合は部屋を共同する人数が多ければ多いほど費用が安くなっていきます。
例えば4週間を6人部屋で過ごすと11万4000円となり、4週間を3人部屋で過ごすと13万9000円となります。
これに対してホテル型の場合は4週間の滞在で22万円程度なのでおよそ2倍の金額がかかると考えられます。
では実際にホテル型を行っている学校についてですがまず挙げられるのが3Dアカデミーです。
こちらの語学学校はセブ島で最も安いと言われておりホテル型に関しても寮やドミトリーよりは費用がかかるものの比較的安いと考えられます。
続いてはCebu Blue Oceanという語学学校でこの学校の窓からは絶景のオーシャンビューを見ることが出来ます。
金額は一人で滞在する場合は月に20万円程度となっており、もし短期留学で友達と一緒に来たという場合は部屋を一緒にすることで滞在費が安くなります。
ただしオーシャンビューが見える部屋にすると値段が少し高くなるので何を目的にホテルに滞在するかで決めることをおすすめします。
さらに国際的な学校で学びたい方にはGenius Englishという語学学校がおすすめでこちらの語学学校はフィリピン留学業界でも唯一のロシア人経営の学校です。
基本的にフィリピンの語学学校というとフィリピン人か日本人、韓国人が経営していますが、こちらはロシア人が経営しているので他とは少し違った特色があります。
大きな違いはネイティブの講師がいることで欧米などでネイティブの講師からレッスンを受けようとするとフィリピンよりもかなり高い金額になってしまいます。
できるだけ格安でネイティブの講師から英語を学びたいという方にこの学校はおすすめです。
続いては元アップル式の学習メソッドを採用しているBrightureという語学学校が挙げられます。
こちらは元アップルの日本人が経営している学校で日本人の英語力を伸ばすカリキュラムを作り、本気で英語量を伸ばしたいという方に向いている学校です。
一ヶ月で24万円程度の金額で留学をすることが出来て観光よりも、とにかく英語力を伸ばしたいという方におすすめです。
そしてフィリピンにいながらネイティブの講師から英語のレッスンを受けることが出来る学校がETHOSです。
こちらの学校のキャッチフレーズはセブ島でアメリカ留学という印象に残るものでなんとネイティブの講師しかいないという特徴があります。
経営者はアメリカのバイブルティーチャーという異色の学校でアットホームな雰囲気を楽しむ方にはおすすめです。
このようにフィリピン留学の魅力はホテル型の語学学校がたくさんあることで一言で語学学校と言っても学べることや学校の特色は様々です。
社会人にとって学びやすい環境であることは間違いないですがより理想的な留学になるようにしっかりと調べてから留学するようにしましょう。